RMタイプ

RMタイプの施工方法

RMタイプの施工方法 ● 水中施工は回転打撃施工でおこなってください。
1.母材穿孔
所定のアンカー埋込位置に穿孔機械で所定寸法の穿孔を行います。(極端に摩耗したビットは使用しないで下さい。)
※穿孔径/埋込深さを厳守して下さい。
2.孔内清掃
清掃は吸引(またはブロアー)→ブラシがけ→吸引(ブロアー)の順に確実に行い、孔内の切粉をきれいに除去して下さい。
孔内に水が入った場合は、切粉が粘土状になるので、水道水などの水圧で切粉を洗い流して下さい。
※切粉が残っていますとアンカーの固着力低下の原因になります。
3.穿孔深さ確認
穿孔径、穿孔深さを計測し、適切であるか確認します。また、アンカー筋を孔内に挿入し、穿孔深さのマーキングを行います。

回転施工

4.カプセル挿入
所定サイズのカプセルをキャップ側が「孔底側」になるように挿入します。
※カプセルが使用期限内であることを確認して下さい。
5.アンカー筋の埋め込み
アンカー筋を埋込み機械にセット(下図参照)し、回転により孔底(マーキング位置)まで埋込みます。
過剰撹拌は絶対にしないで下さい。

回転打撃施工

4.カプセル挿入
所定サイズのカプセルをキャップ側が「口元側」になるように挿入します。
※カプセルが使用期限内であることを確認して下さい。
5.アンカー筋の埋め込み
アンカー筋を埋込み機械にセット(下図参照)し、回転打撃により孔底(マーキング位置)まで埋込みます。特にRM-8Nの埋込みはハンマードリルを避け、振動ドリル又は電気ドリルを使用して下さい。
過剰撹拌は絶対にしないで下さい。
アンカー用ボルト類のセット ボックス - アタッチメント 埋込機械 アンカー径

ハンマードリル
10〜36

振動ドリル
8〜12

電気ドリル
8以下
10〜25
6.硬化養生
埋込後、所定の硬化時間内アンカー筋を絶対に動かさないで養生して下さい。

アンカー筋の形状

ボルト形状

回転・打撃方式で施工するRタイプ(RM・Hも同様)のアンカー筋は図のような先端ナナメ45°の形状のものを使用します。
アンカー筋の種類には、ネジボルト、異形棒鋼があります。

硬化時間

温 度 -10℃ 0℃ 5℃ 20℃
硬化時間 2時間 45分 25分 5分