PGタイプ

PGタイプの施工方法

1.母材穿孔
所定のアンカー埋込位置に穿孔機械で所定寸法の穿孔を行います。(極端に摩耗したビットは使用しないで下さい。)
施工は原則として、取付面に対して垂直に行います。
※穿孔径/穿孔深さを厳守して下さい。
2.孔内清掃
ブロアー等で孔内の切粉を除去し、孔の全周にわたって専用金属ブラシをかけた後、再び切粉をブロアー等で除去します。
※切粉が残っていますとアンカーの固着力が大きく低減します。
孔内が湿潤している場合は、ブロアー、布切れ等で完全に湿気を除去して下さい。
3.穿孔深さ確認
穿孔深さを確認し、アンカー筋を施工孔に直接挿入し、穿孔深さのマーキングを行います。
4.カプセル挿入
所定サイズのカプセルをシール側が孔口側になるように挿入します。(シールを孔底側に挿入すると硬化不良の原因となります。)
※カプセルが使用期限内であることを確認して下さい。
5.ボルトの埋込
ハンマーあるいはハンマードリル等でアンカー筋に打撃(回転なし)を加えながら孔底まで打込みます。ねじボルトにはナットをはめ、機械施工では、専用のアタッチメントを使用します。
孔底に達したら必要に応じてアンカー筋を手で2~3回まわして下さい。
天井及び壁方向への施工に際しては、必要に応じて樹脂流れ止めワッシャー(NW)をご使用下さい。
6.硬化養生
埋込後、所定の効果時間内はアンカー筋を動かさないで養生して下さい。
低温(0℃未満)では硬化が進行しませんので、必ず加温養生してください。

アンカー筋の形状

ボルト形状

打込み方式で施工するPGタイプのアンカー筋は、図のようなボルト形状のものを使用します。
アンカー筋の種類には、ネジボルト、異形棒鋼があります。

硬化時間

温 度 -10℃ 0℃ 10℃ 20℃ 30℃
硬化時間 - 7時間 100分 60分 30分