GLタイプ

施工仕様

アンカー筋 穿孔径×穿孔深さ
(mm)
必要樹脂量 *1
(cm³)
GL-450 1本あたりの
施工可能本数 *2
GL-900 1本あたりの
施工可能本数 *2
最大引張強度 *3
(kN)
長期許容引張強度※4
kN(kgf)
M10 W3/8 12×80 5.5 6.5 74 63 152 129 46 9.24(940)
D10 13×80 6 68 140 9.34(950)
M12 W1/2 14×100 9 8 45 51 93 105 61 13.7(1390)
D13 16×100 9 45 93 14.5(1470)
M16 W5/8 18×130 16 18 25 22 52 46 130 24.1(2450)
D16 20×130 18 22 46 24.5(2490)
M20 W3/4 22×160 26 33 15 12 32 25 169 36.5(3720)
D19 24×160 32 12 26 36.9(3760)
M22 W7/8 25×180 41 42 10 9 20 20 210 46.3(4720)
D22 28×180 49 8 17 47.0(4790)
M24 W1 28×190 60 52 6 7 14 16 244 52.0(5300)
D25 32×190 68 6 12 53.0(5400)
*1 必要樹脂容量は余剰率2割で計算しています。 *2 施工可能本数はあくまで目安であり実際の施工によってはばらつくことがあります。 *3 最大引張強度はMネジボルト(高強度ボルト)を使用した実験値です。(Fc=24N/㎟) *4 「ケミカルアンカーGLタイプ強度計算式」に基づいた計算値です。
    *計算条件:Mネジボルト(SS400相当材)の場合:Fc=21N/㎣、M16以下sσy=245N/㎟
          M20以上 sσy=235N/㎟
          異形棒鋼の場合:Fc=21N/㎟、D13以下(SD295A)sσy=295N/㎟
          D16以上(SD345)sσy=345N/㎟